薬個人輸入代行deコミュニケーション能力を高める

各種のジャンルの中でも品質保証100%の海外医薬品を個人輸入代行してくれるサイトをご紹介しております! - 薬の飲み合わせなどについて

薬の飲み合わせなどについて

要注意!キケンな薬の飲み合わせ梅干しとウナギ、天ぷらとスイカ、カニと柿など…「食べ合わせが悪い」って良く言いますよね。

意識しておられる方も結構いらっしゃると思うのですが、同様に薬にも「飲み合わせ」というのが存在するんです。

お茶やジュースで薬を飲んじゃだめ!とか、冷水じゃなくて常温の水で飲む方がいい!とか耳にしたことありませんか?いずれも、薬の効き目や効果が出てくるまでの時間に関する「飲み合わせ」です。

今回ご紹介したいのは、知っておくべき「危険」な薬の飲み合わせについてです。

「併用禁忌薬」という言葉があります。

なんともオドロオドロシイ言葉ですが、つまりは薬の飲み合わせによって薬効が強すぎたり弱すぎたりしてしまうということなんです。

効き目が強すぎてしまうと副作用を引き起こしてしまったり、効果を薄めてしまって意味が無くなってしまうことなど…注意をしなければならないんです。

例をひとつ挙げてみます。

キノロン系の抗生物質に含まれる成分で「エノキサシン」というものと、「フルルビプロフェン」というものがあります。

この2つを一緒に服用してしまうと、痙攣等の症状を引き起こしてしまう可能性があるんです。

薬効を薄めてしまい効かない…というだけならまだマシで、このような重篤な副作用を引き起こしてしまわないように、医師からの話や処方箋、薬の注意書きには目を配っておく必要がありますね。

病院で診察を受けて内服薬を処方される時、病原に対する薬とは別に、胃やその粘膜を保護する薬が出される場合があります。

医薬品の効き目が強く刺激があるため、胃薬を一緒に出してくれているわけです。

こういった場合は、必ずこの胃薬を一緒に服用するのが飲み合わせのルールですので、忘れないでくださいね!

次の記事: を読む »